アンチエイジング倶楽部
記事一覧

血管年齢を下げる方法

アンチエイジング関連の様々な療法のなかで、血管年齢を下げることが若返りに大変大きな効果をもたらすとして話題になっています。
人間の血管は加齢やストレス、食生活や生活リズムの乱れなどが影響し血管内の血液成分に変化をきたします。正常時は血液はさらさらと血管内を通過し全身へ酸素や栄養素を運んだり、老廃物を運搬し健康的な身体を維持しているのです。しかし加齢やその他の理由により劣化しドロドロになってしまった血液は血管内部に詰まりやすくなり、放置すれば血栓となり最悪の場合は心筋梗塞や脳梗塞などの重要な病気を引き起こすことになりかねないのです。そのような命に係わるほどの劣化でなくとも血液本来の働きが劣化すると酸素や栄養素が全身に行き届かなくなり血流も悪くなるため身体にあらゆる不調が現れるのです。つまり血管年齢を下げることは若返り、つまりアンチエイジング効果が大変期待されるということなのです。
具体的な血管年齢を下げる方法としては、第一に食生活です。塩分を控え、青魚と大豆製品と野菜を多くとることで血液をサラサラにします。野菜は葉酸を多く含む緑黄色野菜を積極的に摂取します。第二に適度な運動ですが激しいランニングは逆効果ですのでウォーキングなどが最適です。第三に腹八分の食事量を意識し、最後は禁煙です。上記の方法を実践し血管年齢を下げればアンチエイジング効果が実感できます。

RECOMMENDED

Copyright © アンチエイジング倶楽部